デザート専門だな

泉区の某所で買い物をしたあと、お腹が空いたので手近なファミレスに入った。
オージービーフ100%だと書いてあったハンバーグを頼んだのだが、出てきたのは30年余の人生の中で最低なハンバーグだった。
オージービーフは安全性の面からも嫌いじゃないのだが、ここの調理は最低である。
真のくず肉だけを寄せ集めるとこんな感じになるという見本のようで、かえって清々しいほどだった。
噛めない筋の塊がこれでもか!と言わんばかりに入っていて、肉の風味も生臭い。
カミさんが頼んだステーキ丼みたいなやつも生焼けで、焼き直しをお願いしたほど。
同じファミレスでも、ジョナサンやロイホだと、こんなものは出て来ない。
すかいらーくデニーズは行かないので判別がつかないが。
低価格のガストでも、まだましなものが出て来た。
地元大分のジョイフルは、下手な洋食屋より美味い。ジョイフルにはガスの調理器がなく、工場で作って電子レンジで温めただけのものだそうだが(人づての話なので確証はありません)、今日のハンバーグとは比較にならない。
某同盟国の陰謀で、オージービーフネガティブキャンペーンをやっているのじゃないかと勘繰ってしまうほど凄まじいマズさだった。
素直に、デザートだけ作っているべきなんじゃないかな、ここは。
そういえば、周りでデザートだけ食べてる家族連れが数組いたな・・・。