終電逃した

昨日、5月12日、三軒茶屋の下の義弟(次男)の引越しの手伝いに行った。
次男の知人2人に兵庫から来た長男、そして私の計4人が「引越し作業部隊」となった。
まぁ、搬送は業者に依頼するので、箱詰めの作業を行ったわけである。
21時半ごろ作業が終わり、次男の知人2人を労う意味もあっての焼き肉宴会に突入。
終了したのが23時半。

このとき私は、東横線の横浜行き最終は渋谷1時4分発と思い込んでいた。
問題なく帰れるものと余裕綽々だったわけだ。
三茶を出て、渋谷に着いたのが0時ごろ。
東横線の切符売り場で横浜まで260円と確認。
いざ、購入しようとすると、表示が190円までしかない。1,000円いれたのにである。
このとき私は気付いた、そう、違ったのだ、最終電車の横浜到着が1時4分かそれぐらいだったのだ。
とりあえず、対応策をiモードで調べる私。
しかし、他の路線でも帰れないこと、渋谷近辺のホテルも厳しいことが判明しただけだった。
三茶に戻って明日引き払う次男宅に泊まるか、タクシーぶっ飛ばして帰るか、正直結論が出せなかった。
次男宅は明日の引き払いのため、段ボール満載で横になるスペースがない。タクシーはいったいいくらかかるかわからない。
とりあえず、センター街のほうに行けば、深夜営業の喫茶店とかあるかな?と思いあてもなく向かった。
そこには、ネットカフェ兼マンガ喫茶があった。
6時間滞在コースで1,300円。
迷わず入った。
リクライニングシートが快適でフットレストもあった。
ドリンクは無料だし、ネットはつなぎ放題、マンガもいっぱい・・・、いいじゃん、ネットカフェ。
実は初体験だったが、好印象を持った。
まぁ、今回私は専ら仮眠をとっていただけで、ネットもマンガも殆ど意味なしだったが。
翌朝、無事に始発で上大岡に向かった。
短い時間ならカプセルホテルより使い勝手がいいな、ネットカフェ。
個室だし。
id:george110:20060512