洗濯、布団干し

今日は、洗濯と布団干しをやった。
小学生の頃、「お日様のかおり」はどんなもの?
という問いかけに、力強く手を挙げて「干した布団のにおい」と答えたものの、担任の反応が鈍かった。
「ひまわりの花のかおり」とか「天日干しのアジの開きのにおい」とか「暑さでむせ返る砂浜の男女入り乱れた淫猥なフレグランス」とか言えば良かったのだろうか?
あるいは、「光も熱もにおいなんか無いと思います。」が正解だったのか。
未だに、先生の意図していた答えがわからないのだ。
ま、ともかく、干した布団で寝るのは心地良い。