「耳をすませば」

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

今日は、終業後、職場の図書資料室で「セミナー講師反省会」(第二部)という名の飲み会があり、20時過ぎまで職場にいた。
・・・で、うちに帰ったら、日テレでやってたのが、これ。
たしか、前にもやっていて、そのときも、今日のように途中から見た。
とにかく、こっぱずかしいラブコメで、見ながら思わず身を捩ってしまうほど。
30過ぎのおっさんが、なんだか、甘酸っぱい気分になってしまう代物だ。


思えば、私の初恋は、幼稚園の年中組(「もも組」)のときであった。鼓笛隊の小太鼓を叩いていたとき、年長組(「ふじ組」)のおねえさんが指揮棒を持って先頭を歩いていたわけだが、そのおねえさんに惚れたのであった。指揮棒を持って先頭を歩くぐらいなので可愛い女の子であったと思われるが、流石に顔は覚えていない。


そして、小学校・中学校・高校・・・と甘酸っぱい思い出が走馬灯のように駆け巡ったりもしたわけだが、恥ずかしいから書かない(笑)。


ともかく、この映画は多分に話が出来すぎており、見ていてイタイ部分も多いわけだが、「ああ、たしかに、中学生ぐらいの頃って、なんだかまっすぐで純粋だったな・・・。」なんて考えさせてくれちゃうあたりに、なんとなく憎めない奴的な扱いをしてしまうわけである。