♪母上様、お元気ですか〜(一休さんのエンディングより)

今日、針供養の日は、大分にいる私の実母の誕生日だった。
カミさんが、花を贈ってくれているらしい。
・・・そういえば、私が母に贈った誕生日プレゼントといえば、思い出すのが「ジャバ」、風呂釜洗いである。
小学校低学年のときに確かに贈った。
しかし、なんで「ジャバ」だったのか?
先日の冬でも半袖、半ズボンに続いての謎である。
ただ、あの時の私は「ジャバ」が何度も使えるアイテムだと考えていたフシがあって、母の風呂掃除を楽にしてやろうと考えてのことだったように思う。
母も結構感動してくれていたのを確り覚えている。子供心に嬉しかったのだ。
・・・しかし、「ジャバ」とは・・・つくづく変わったガキだったんだな、俺。


母には、青ちゃんと別れたあと電話した。
元気そうで何より。来月は、孫の顔を見に大分から兵庫にやってくる予定である。盆も正月も、カミさんが身重だったために帰省してないんで1年以上会ってない。