お好み焼き屋のおばちゃんは・・・

新大阪駅には、義母が迎えに来てくれていた。
ちょっと、小腹が空いているだろうと連れて行ってくれたお好み焼き屋「純ちゃん」。
以前から、2箇所連れて行きたいお好み焼き屋があるといわれていた内の一軒だ。
生粋の関西人の義母が認めた店だけあって、お好み焼きは頗る美味かった。
ふわふわ感を出すために、生地をあまり叩かないのが売りとなっている店がある中で、ここのおばちゃんはバンバン叩いて仕上げる。なのに、外側がかりっと内側はふわっとしているのだ。生地そのものの味付けも秀逸。
ところで、この店では、お好み焼き以外のサプライズが一つあった。
なんと、この店のオーナーのおばちゃんは、あの椎名高志先生の実母だったのだ。
椎名先生の作品に出てくる、所謂「大阪のおかん」的なキャラクターの原型なんだな・・・と実感できる迫力の方でした(笑)