災い転じて・・・

六ッ川にどうしても行かなくてはいけない用事があって、徒歩で小一時間かけて到着した。
途中の下りの坂道で、凍った路面のため一回転倒し、左腕を痛めた。早朝8時の出来事だ。
まぁ、その後、延々と雪掻きの作業を行うことができたくらいであり、骨折等の深刻な負傷ではなかったのだが、腕の曲げ方によっては激痛が走る。
用事が終わって、帰る段となったとき、「徒歩で帰り、もしも、もう一度転倒したら、痛めた左腕ではとても私の体重は支えきれない。」と思った。自慢ではないが、同年代の男性のなかで、私の「地球の重力に引っ張られる力」は、偏差値にして60は越えていることだろう。


徒歩を断念した私は、タクシーを探したが、空車に出くわさない。


六ッ川−別所間には、直通のバスがない。
仕方なく、六ッ川から弘明寺へバスで移動、弘明寺−上大岡を京急で移動、上大岡−別所をバスという迂回ルートを策定し、帰途に着いた。


電車に乗り込んだとき、ふと目に留まった京急百貨店のポスター。
7階催事場では「大九州展」が開催中とのこと。
そして、「魁龍」が出店しているとのこと!
魁龍」といえば、平成16年8月までラーメン博物館に出店していた久留米ラーメンの店。一度行きたいと思いながら、結局、足を運べなかったのだ。


10分後、私は京急百貨店の7階催事場で、「魁龍」の列に並んでいた。
さらに待つこと10分ほど、ついにラーメンにありつく。
激しい獣臭。トンコツラーメンここにあり!・・・という感じ。
九州出身の私が一瞬軽く引いてしまうレベル。福岡の日赤通りの「の○きや」*1を彷彿とさせる臭気である。
スープは、とにかく濃厚なコク。濃いポタージュのような感じ。甘みも濃厚。
・・・完食。スープも丼抱えて飲み干した。
・・・でも、同程度のコクを臭みなく出している、大阪心斎橋の「一品香」に軍配。
私的にはね。

*1:今もあるのかな?えらく不潔な店だったが・・・