ポンチー研ではないんだよ

隠れ野 新橋

大学時代のメインの活動の場は、我が愛すべき「ポンチー研」であったが、実は、他のサークルにも所属していた。
勝手にサークルを名乗っていた「ポンチー研」とは違い、「法学部サークル連合会」(法サ連っていうんだよ)の属し、かつ最大の会員数を誇る(今でもそうですか?)「憲法研究会」がそれである。
なんとなく、副会長をやってたりもした。(なんの仕事もしとらんかったが・・・。)
・・・で、今日、関東在住のOB・OGの飲み会があった。
場所は、新橋の「隠れ野」。
某大手ビールメーカー勤務のB先輩、某大手商社のI先輩、H先輩、国家公務員が同期のM君、後輩のN君、K君、MI君、MA君、Hさん(Hさんは民間から出向中だそうだが・・・)、某銀行のY君、某生保のAさん、某化学メーカーのY君、某金融会社勤務の弁護士Hさん、そして某団体職員の私というメンツだった。(よね?)
B先輩が仕切る中、飲み会は楽しく進行した。
途中で同期のM君*1と他の同期の話になった。M君はいきなり、今も京都で司法試験にチャレンジしているというS君に電話し、私に替わった。卒業以来10年ぶりにS君の声を聞いた。お元気そうでなによりであった。吉報を待ちたい。
同じ大学のサークルでも、ポンチー研と憲研(って略すんだよ)は、随分違う。
どちらも私にとって大事な繋がりである。

*1:彼は会長をやってた、私と違ってきちんと会長職として仕事もしてた