EDIT MTU

職場はCATVインターネットで、自分の端末は、ブロードバンドスピードテストのサイトでの計測では、4.5Mbpsの速度が出ていた。ちなみにOSはXPである。
しかし、同じ回線を使用している関連会社のWIN98SEで動いているパソコンは1.2MBpsしか出ていなかった。
そこで、VECTORのサイトからEDIT MTUをダウンロードしてきて調整してみた。
結果は、4.2Mbpsに改善。作者のHENさんに感謝である。
・・・で、数時間後、私は、最寄駅のヨドバシカメラにいた。
ノイズフィルターと、ノイズシールド効果が謳われたモジュラーケーブルを購入したのだ。
自宅のネット環境はADSL。しかし、我が家は収容局からの距離が約4KM、伝送損失48dBとADSL環境としては劣悪。速度は1.3Mbpsである。
少しでも改善できればと、EDIT MTUを試してみると、どのサイトでもPINGが通らなかった。ルーターの設定や、OS(W2K)をちょこちょこいじるもうまくいかず。
仕方なくあきらめ、今度は、ノイズフィルターをためしてみることに。
株式会社ミヨシの製品で、他の商品に比べ、安く販売されていた。680円也である。
他社の商品の1/3〜1/5ぐらいの価格だが、同様にコモンモードフィルターという機能に差異はなさそうだったので、これに決めたのだ。
ぶっちゃけ、こういう類の商品は、期待していないので、安いほど良い。
結果は期待通り、何も変わらなかった。
我が家はノイズがどうこうというレベルの環境ではないらしい・・・と思っていた。
モジュラーケーブルを変えてみるまでは!
モジュラーケーブルを現在のものから、ノイズシールド効果が謳われたケーブルに変えると!・・・1.1Mbps程度に速度低下である。速攻、元に戻した。
むぅ、なんでやねん。