空弁のアレ

結局、なんだかんだと、ずっと家にいたら、夕飯時。
昨日から予定していたものを食べに行くことにした。
実は、昨日、映画の前に腹拵えをしたファミレスで「浜焼き鯖寿司とごぼう天うどん」というメニューを見かけた。
昨日は食べなかったものの、同じファミレスが自宅近くにもあることから、「明日はこれを食う。」とカミさんに宣言していたのだ。
というのも、焼鯖寿司は、職場のI主幹から美味いと聞き及んでおり、是非一度食べてみたかったのだ。もっとも、I主幹は、北陸に出張のときに空弁のものよりも遥かに美味い焼鯖寿司を召し上がったようだが。
また、ごぼう天うどんは、我が地元九州北部では、定番のうどんである。関東だと掻揚げ天が主流のようであまり見かけない。郷愁をそそる。*1
で、食べてみた感想。
焼いた鯖の香ばしさと脂のコクを、甘酢生姜と刻みシイタケ、酢飯が受けとめる。よく考えてるなぁ。実際に、もっと美味いやつを北陸で食べてみたい気分になった。
ごぼう天うどんは、三つ葉が余計だった。ごぼう天の野趣を味わうのがメインなんだから、三つ葉を利かせるのは野暮ってものだ。
まぁ、締めて980円也としては文句も言えないが。

*1:まだ、帰省して一週間ほどしか経っていないが